小説 父さんと古ぼけた箱~親愛なる息子と娘へ~