FXの初心者におすすめ 10日線 20日線 65日線 75日線 100日線を使ってチャート分析も楽々攻略法

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

SPONSORED LINK

手法 移動平均線 10日線 20日線 65日線 75日線 100日線 トレード方法

ローソク足の形と移動平均線 トレード方法

=移動平均線 =
10日線 20日線 65日線 75日線 100日線を
表示させます。

エントリーは、ローソク足が
10日線に重なりだしたら
準備スタートします。

ローソク足がしっかりと、10日線を
越えたところでエントリーします。

10日線と20日線が、束になっているようなところは
もみ合い相場ですので
エントリーしません。

広がる方へ、ポジションを持ちます。

65日線と75日線は、
サポートラインやレジスタンスラインの
役目を果たしていますので

65日線 75日線の動きをしっかりと
観察しなければいけません。

65日線 75日線は、
どちらに向いているのか?
(上向き?下向き?)を
常に見ておく事が、大切なのです。

手法 ローソク足と移動平均線 トレード方法 まとめ

多少の上下があるにしても
上昇の方が、強い状況だという事になります。

109.570近辺で一度下落していますので、
2回目の跳ね返しが、109.570より
高いか?低いか?を
見る必要があると言う事です。

つまり、十分の間は、109.570~109.350の間を
レンジ相場になる傾向が考えられます。

このチャートは、1時間足チャートですので
日足チャートを見てみる必要が
あると言う事になります」。
(65日線 75日線がどこにあるか?)

100日線は上昇・下降・
市場オーダーのポジション状況を
見ることができる
とても大切な役割を持っています。

SPONSORED LINK

シェアよろしくね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。