FXの初心者におすすめ 季節性 で変わる値動きの基本を参考にトレードで活用する

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

SPONSORED LINK

FX 季節性 基本とは?

季節性による値動きの基本を
抑えるうえで重要なのが、
為替相場には独特のルールや癖がある。

と言う事です。

そこで、勝ち続ける為にはルールや癖を
感覚として、覚える必要があります。

まず、3月あるいは、9月は、
決算期末なので、
投資で得た利益を確定させるため
海外に投資しているポジションを
精算して国内に戻す 動きが出やすくなる。

だから、ドルを売って、円を買う
円高要因になりやすくなります。

日本企業は、輸出企業のほうが多いので
ドル売り、円買いのほうが
どうしても多くなります。

4月あるいは10月は、期のはじめなので
新規の投資が始まります。



なるほどね!



こうした投資資金は、海外投資へと向かう
傾向があるので、円売りドル買いが
発生しやすくなります。

日本と海外を比べるときのポイントとして、
1つは、
企業の決算時期などの違い
2つ目は、各国の休日の違いです。

機関投資家は、決算に向かってポジションを
縮小することが多いために、
決算手前の時期は、今までと反対の動きを
する事が大いにあります。

『例えば、3月6月9月12月
逆に、1月4月7月10月は、
新しいポジションを作り始める。』

と言った感じです。 

1月に入って市場に、プレーヤーが戻ってくると、
一気に値動きが起こる
傾向があります。

このように、国内海外ともに
季節性による値動きの基本を
理解して観察する必要があります。

相場は、私達の生活の基準には、
合わせてはくれないと言う事です。

その事を踏まえた上で、
季節性による値動きの基本を
理解して活用して下さい。  





投資をする時は、ご自身の判断で
責任をもって行いましょうね!

1月~3月 FX 季節性 基本

日本は正月で休み浮かれていることでしょう。
欧米企業では、決算期初めなので
欧米の機関投資家は、相場を動かしに
来やすい時期になります。

イベント的には、大きく動く要因は少ないが、
時折大きく動く相場があり
しっかり観察が必要な時期です。

日本企業の決算期、海外投資で得た利益を
確定させるため、外資売りの決算対策が行われ、
欧米企業の四半期末にも相当します。  

4月~6月 FX 季節性 基本

日本企業の決算期初めのため
相場が 急な変動をすることがあります。

ゴールデンウィークも控えていますので
円売りが活発になり、
ゴールデンウィークが明けると
国内の投資家も、活発に動き出します。

欧米企業の四半期決算が、6月に控えていますので
外貨買い、円売りによる
相場調整も、起きやすいので観察が必要です。

7月~9月 FX 季節性 基本

夏休み期間なども有り
相場は、ゆったりとした感じでしょうか?

しかし過去には、
ロシア危機やチャイナショックも
この時期に起きっていますので
油断は禁物です。

長い夏休み期間を終えた、トレーダー達は、
戻ってくると同時に、
取引も活発になります。

10月~12月 FX 季節性 基本

欧米のヘッジファンドの決算が
集中する時期でもありますので
ドル高要因
欧米企業の決算期で、ポジションの調整が
起きやすい時期でもあります。

クリスマスもこの時期ですので
その前後を除き、活発な値動きにも
なりやすいことを意識しておきます。

SPONSORED LINK

シェアよろしくね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。