引き寄せの法則 幸せになる方法 理想の結婚 バージンロード

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

SPONSORED LINK

バージンロードとは フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

キリスト教式の結婚式において、
結婚式場の入り口から祭壇に至る通路、
およびそこに敷かれる布を指す

日本の結婚式場業界が名付けた和製英語である。

英語では、結婚式場の通路であることを
明確にする場合はwedding aisleを使用する

ただし教会建築で単にaisleといった場合は
側廊のこととなる。
概要 プロテスタントの教会では白い布が敷かれることが多く
カトリック教会では、赤い布が敷かれる場合が多い。

教会で行われる結婚式において、用いられる場合は
新婦とその父親がこの布の上を歩いて入場する。

また式場・ホテルに併設の結婚式専用チャペルでは
通路に敷かれた青の絨毯、また通路そのものを指すこともある。

バージンロードは新郎・新婦、また
立会人や両親が歩くことを許され
参列者は壁に沿って入場することがマナーであるとされる。

引用元 ウィキペディアはこちらから…

バージンロードの本当の意味とは?

聖なる場所
今あなたはそこに立とうとしている。

きっと溢れ出す思いが、そこにはあることでしょう。

いくつもの時を経て、いくつもの悲しみや喜びを経験し、
時には諦め、時には絶望し、

それでも前に進み、やがて訪れたその幸せを
両手一杯に抱きしめ、あなたは今
バージンロードに立とうとしています。

バージンロードの本当の意味を知ってますか?

バージンロードを歩くその時 
扉が開き、新婦のいる入り口から新郎のいる場所までを
バージンロードと言いますが

バージンロードの入口に立つ新婦の
今まで歩んで来た人生を、表すのです。

つまり入口は、新婦が0才として、
1歩1歩、新婦が歩くたびに、2才3才と
 
1年ずつ、「自分の歩いてきた道」を
「家族と歩いてきた道」
しっかり噛み締めながら
「両親に感謝をする道」なのです。

そして、今までに歩んだことのない道、
初めての道を歩く決意をそして、

前で立って待つ、新郎とともに、
新しい道が始まるのです。

初めての道が始まる・・・

初めての道が始まる・・・とは?

初めての道ですから
これから先「目配り 気配り」が、
いつもより多く必要です。

それはつまり「愛される事」を、
望むのではなく
「愛を与え続ける事」を望み、決意する事が大切です。

新郎は前で待っています。
つまり新婦との道はそこからです。

将来2人がケンカしても、
過去の道を、攻めたり持ち出したりせず
全てを受け入れ、大きな海でいる事が
とても大切です。

結婚が、全てではありません。
ここからが、スタートです。

結婚したから、幸せになるのではなく
幸せの先に、結婚があるのです。

この考え方は、絶対に忘れてはいけません。

何故なら、幸せになるための結婚は、
幸せな風景を思い描き、
その通りの結婚生活が、味わえないと

やがて全てが、愚痴やイラ立ちに、変化して
私の描いた
「理想の結婚とは、程遠い」
結婚を後悔する事になるからです。

次のページは、2人の愛を育てるとてもいい3つの質問

引き寄せの法則 幸せになる方法 夫婦 恋人 3つの質問

引き寄せの法則 幸せになる方法 女性 食事 おふくろの味 秘密

ポチ!っと応援!励みになります
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






 

SPONSORED LINK

シェアよろしくね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。