FXの初心者におすすめのローソク足の基本 マスターすれば勝率アップ ローソク足だけで勝ち続ける為に

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

SPONSORED LINK

ローソク足とは?

ローソク足は、
江戸時代に米商人の本間宗久と言う人によって
考えられました。

その後もローソク足は多機能で優れた分析ツールとして、世界中の投資家に使われるようになりました。

データに描かれる相場の流れやサインは
多くの投資家が参考にするようになったことで
より一段とその通りに動きやすくなっている。

そこで、ローソク足を徹底的に理解し使いこなす事で
初心者から上級者までより利益率アップに
繋がると思います。  

ローソク足は1本の足の中の、始値・終値・高値・安値の4つの値に注目

ローソク足は、
始値から高値や安値を付けて終値へと
相場の今が一瞬で感じ取れる
とても優秀なツールです。

基本としてローソク足の胴体の部分に注目

胴体が長いローソク足は、
相場の始めから終わりまでずっと
上昇又は下落していた事を表す。

胴体が長ければ長いほど今の相場は勢いがある
つまりその方向への流れが続きやすい傾向が
あることがわかります。

上や下に長いヒゲがあるローソク足のヒゲに注目

一時的に大きく動いた後、
反対の方向に引き戻される動きを行う中で
ヒゲを長く残し終わった事を表す。

たとえば、長い下ヒゲが出たものは、
大きく下落した後、反対方向にどんどん戻されて
終ったと言う事で、
買いたい人の勢いが強く
今後もその方向への流れが、
期待出来る事が考えられる。

上下のヒゲも胴体も短い、小さいローソク足に注目

どっちつかずで勢いもなく
投資家は迷った状態が見て取れる。

今後どちらにブレイクするのかは、
まだ判断しずらく相場の観察状態と言う事が
基本となる。

以上を理解した上で、次からローソク足の分析を
フル活用して利益率アップにご利用ください。

先人本間宗久の知恵 ローソク足で見る相場 基本を覚えて勝率アップ

カラカサ

カラカサ

下ヒゲは、相場でエネルギーを使い果たし
引き戻された事を意味する。

ローソク足の実体が短く、実体の2倍~3倍以上の長い下ヒゲを持つローソク足をカラカサと言います。

陽線の場合、大量の売りで下落しその後、
それを上回る高値で終わったもの

陰線の場合、大量の売りで買い上がったが
力尽き、始値を下回って終わったもの

高値・安値・近辺に出れば売り・買 いの転換を考える。

三羽鳥 赤三兵

連続3本の陽線又は、陰線を三兵といい
安値近辺で、3本の連続した陽線を赤三兵と言い
順張りの買いパターンです。

黒を烏(カラス)に例えて、
三羽烏と言うこともあります。

高値圏からの下落を三羽の烏(カラス)に
例えた順張りの売りパターンです。

上げ三法 下げ三法

休むも相場で、動き出したら取引を始めると言う
意味を用いて三法と言い
レンジ相場では取引を休み、
レンジ相場が動き出したら動いた方向に
エントリーする。

ブレイクアウトの順張りのパターンに使われます。

レンジ相場では取引を休み、
レンジ相場が動き出し高値を上に抜けたら
買いでエントリーと言うパターンを
上げ三法と言う

レンジ相場では取引を休み、
レンジ相場が動き出し安値を下に抜けたら
売りでエントリーと言うパターンを下げ三法と言う

三川 ダブルトップ ダブルボトム

酒田五法の三川はトリプルボトム又は、
二山でダブルボトムと、底になる確率が高いことが
よく投資家の間では知られている

三山 トリプルトップ ダブルトップ

酒田五法の三山はトリプルトップ又は、
二山でダブルトップと、天井になる確率が高いことが
よく投資家の間では知られている。

三空

ニュースなどで
相場がパニック的に動いたことを表します。

3回続けば、パニックは行き過ぎで
逆張りのエントリーチャンスと言われています。

相場の高値近辺で、4本の陽線に3つの三空が
連続で現れる状態を三空 踏み上げと捉え
逆張りエントリーの準備に入ります。

逆を、三空叩き込みと捉え、
逆張りのエントリーの準備に入ります。

SPONSORED LINK

大陰線 陰の丸坊主 大陽線 陽の丸坊主

大陰線・大陽線共にヒゲがない状態で
陰の丸坊主・陽の丸坊主

高値で引けている相場では、強気相場となります
高値から始まり、安値で引けた弱気相場で、売り優勢

大陰線 陰の寄付坊主 大陽線 陽の寄付坊主

大陽線 陽の寄付坊主は
ある程度の上昇は、期待出来るが
1度高値を付けた後に、下落しているので
注意が必要。

上ヒゲが長いようなら、特に注意が必要

大陰線 陰の寄付坊主は
基本的に弱気な状態ですが
下ヒゲがあり下落後戻しているので
下落を意味するが、
反発のサインとも言える為注意が必要。

下ヒゲが長いようなら特に注意が必要

コマ 陰の極線 陽の極線

陰の極線・陽の極線共に
市場に迷いが生じている

方向感がなく、神経質な動きが特徴として表れている
焦らずゆっくりと様子を見る事が望ましい。

トンカチ 陰線・陽線

上ヒゲが長く寄り付き後、大きく上昇するが
売りに押されて安値で引けた状態で
売り圧力がとても強く、高値園で現れたら下落のサイン

トウバ 塔婆

大幅高値後に大きく売られ売り
圧力が強い事から高値園で現れたら下落のサイン

トンボ

始値と終値があまり変わらないが
値動き自体は大きく下ヒゲを長く伸ばしている事から
相場の転換期を表している
注意が必要です

被せ線

前日の大陽線後、前日の終値以上の始値で
始まったが、
売りに押されて、前日の大陽線の範囲以内で
陰線を伸ばして終わった状態

前日の大陽線の中心以下で、引けた場合
売り圧力が強く高値園では、
下落の転換期のサインとなる

切り込み線

前日の大陰線の中心以上で、
大陽線になった状態で
安値園では、上昇の転換期サインとなる

出会い線

前日の勢いで大きく窓を開けて始まるが、
結局、前日の終値近辺で
終わった事を表している

勢いが続かず、反対圧力に押される事から
相場の流れが変わる事を表している

あて首線

前日の陰線を付けて勢いはそのまま
窓を開けて始まるものの
その後買われはするが、
前日の安値に届かず終わった事を
表している
下落のサインである事が多く、注意が必要

入り首線

あて首線より上昇し
前日の陰線まで届くが、
陰線の中心以下で、
買い勢力が弱い状態である為
下落のサインと判断する

又は、下落継続のサインと判断する

差し込み線

入り首線よりは、陽線が伸びるものの
前日の陰線の中心以下で、
買い勢力が弱いのが、特徴として表れている為
入り首線同様に、下落のサインと判断する

ローソク足の特徴を覚えたら
FX 攻略法 水平線の引き方を覚えると
勝率アップ

勝利の鉄則よ
自由を手に入れる為に、覚えて、損はないわよ!

FX 攻略法 水平線の引き方 手法 方法が勝利の鉄則

SPONSORED LINK

シェアよろしくね!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。